消費増税!まだ間に合う!飲食店が行うべき対策は?

2019年10月、消費税が8%から10%への引き上げが実施されます。
今回の増税でポイントとなるのが、「軽減税率」です。この「軽減税率」が特に飲食店と関わりが深く、売り上げに大きく影響する可能性があります。

そうなった時に、どう集客対策をするかが重要になってきます。
スマホでお店を検索することが多くなった今、Webでの集客を見直してみませんか?そこで、今回は飲食店や店舗経営におけるWeb集客対策で非常に有効な、「MEO」をご紹介いたします。
「MEO」は、時間がない方でも低コストで集客が可能な方法となっています。

消費税の増税にあたり、飲食店にどんな影響があるか、そして「MEO」をどう活用していくのかを詳しく解説いたします!

消費税10%引き上げ!飲食店にはどんな影響が?

消費税の増税!対策はどうする?
今回の消費税引き上げは、ただ税率があがるだけではありません
この後の解説中にある「軽減税率」に関しては、飲食店経営をしている上で特に重要となってきます。「軽減税率」によって飲食店では、テイクアウトやデリバリーのサービスを始める店舗が増える見込みです。また付加価値を考えていく店舗も出てくるなどして、飲食店の競争が激しくなっていくことが考えられます。

増税にあたってどんな制度が飲食店に関わってくるかを確認していきましょう。

経過措置とは?新税率が適用されるのはどのタイミング?

まずは消費税の「経過措置」に関して解説します。
消費税の「経過措置」とは「税率変更の前後にまたがる取引の取り扱い」のことを指します。
商品やサービスの中には、契約の締結と引き渡し、消費の時期がずれるものがあります。
まず前提として、この経過措置が適用されないものについては、2019年9月までに契約していたとしても、実際の引き渡しや消費が10月以降であれば新税率(10%)が適用されます。また、契約した段階が指定日の前後かで新旧どちらの税率が適用されるか変わってきます。

経過措置とは?新税率が適用されるのはどのタイミング?

適用開始日(増税開始日):2019年10月1日
指定日(増税開始日の半年前):2019年4月1日

 

経過措置が適用される例としては、以下が挙げられます。

  • 旅客運賃等
  • 電気料金等
  • 請負工事等
  • 資産の貸付け
  • 指定役務の提供
  • 予約販売に係る書籍等
  • 特定新聞
  • 通信販売
  • 有料老人ホーム
  • 特定家庭用聞き再商品化法(家電リサイクル法)に規定する再商品化等

その中で、飲食店経営に関わってくるものをいくつかご紹介します。

電気料金等

電気料金等
電気、水道などの料金のなかには、月初から月末で期間が区切られていないものもあります。
2019年10月31日までに支払料金が確定するものには、旧税率(8%)が適用されます。
店舗運営に関わってくる部分かと思いますので、今一度確認しておきましょう。
通信販売
通信販売
インターネットの通販で商品を購入した場合などが該当します。
2019年4月1日前にその通信販売価格などの条件を提示、または提示する準備を完了した場合において、2019年9月30日までに申し込みを受け、提示した条件に従って2019年10月1日以後に引き渡しが行われる商品は旧税率(8%)が適用されます。

 

そしてこの場合要注意なのが「商品を発送した日」に消費税がかかります。例えば2019年9月30日に決済を完了しても、商品の発送が翌日10月1日だと新税率(10%)が適用されてしまいます
2019年9月30日に発送されていれば、10月1日に引き渡しがあっても旧税率(8%)が適用されます。

さらに、飲食料品を通信販売する場合は「軽減税率」が適用されます。複数の税率が混同する場合があるので、販売者側は注意が必要です。

軽減税率とは?

そしてこちら「軽減税率」!
「軽減税率制度」とは、「特定の品目に対して課税率を低く定める制度」のことを指します。
消費税の引き上げによって、低所得者層の負担が大きくなることを防ぐために設けられた制度です。日常生活において、幅広い消費者が利用しているものに係る消費税負担を軽減する考え方に基づいています。
その中でも、「外食」については食べる場所などによって定義が細かく分類されているので注意が必要です。

軽減税率の対象となるものはなに?

軽減税率の対象となるものはなに?
軽減税率の対象となる品目は以下となります。
飲食料品
酒類・外食を除く飲料食品
新聞
週2回以上発行される新聞(※定期購読契約に基づく)

逆に、対象外となるものは以下となります。
一部の飲食料品、提供方法
酒類・外食・ケータリング・出張料理
水道水、医薬品など

食材や飲料を仕入れる際に関わってきますね。
ここでのポイントとして、「酒類」は軽減税率の対象外ということです。お酒を提供している場合はもちろん、アルコール類が含まれている「みりん」や「料理酒」も対象外になるのです。

そして、この中で難しくなってくるのが「外食」と「テイクアウト」の線引きです。飲食店の経営者にとって非常に重要となってきます。

軽減時に対するイートインとテイクアウト
その場で飲食することを目的に提供するイートイン」は軽減税率の「対象外になり、持ち帰りで食べるために包装して提供するテイクアウト」は「対象内になります。

スーパーやコンビニのお弁当やお惣菜などは外食に当たらず、軽減税率が適用されます。
一方、ハンバーガー店やコーヒーショップなど店内飲食とテイクアウト両方を行っている場合はどうなるのでしょうか。その場合は、テイクアウトのみ軽減税率が適用されることになります。

この線引きに対してどう対策をしていくかが、集客の大事なポイントとなってきます。

持ち帰り需要が高まることによる飲食店への影響

持ち帰り需要
お客様側から見ると、同じメニューでもテイクアウトにするだけで税率が8%で済みます。そのため、増税後はテイクアウトやデリバリーの需要が高まることが予想されています

これまで外食のみ提供していた飲食店では、テイクアウトやデリバリーのサービスを始める事例も増えつつあります。
外食店ならではの付加価値を考えていく店舗も出てきたり、飲食店の競争が激しくなっていくことが考えられます。

まだ間に合う!MEO対策で増税後も安心!

まだ間に合う!MEO対策で増税後も安心!
飲食店の競争が激しくなった際に、他店とどう差をつけていくか、どんな対策を行っていくかが重要です。
あらためてメニューを考える、イートイン・テイクアウトのオペレーションをわかりやすくする、料金を見直す…などさまざまな対策方法が考えられます。

対策方法としては、店舗のプロモーションが最も有効な方法です。
お客様に対して、店舗のサービスをきちんと周知していきましょう。Webサイトなどを有効に使うことで、より幅広いお客様へのアプローチが可能です。
Web集客の中でも、有効なものをご紹介します。

Web集客×店舗=MEO!MEO対策のメリット

飲食店でのWeb集客においては、「MEO対策」が非常に有効な手段です。

MEOってなに?という方は、まずこちらの記事をご覧ください。
MEOとは?MEO対策の集客効果を解説!

MEO対策のメリットとしては、以下が挙げられます。

ユーザーの目にとまりやすいユーザーの目にとまりやすい
MEOは、リスティング広告の下に表示されます。検索結果のファーストビューで表示されるため、MEOで上位表示された場合多数のお客様の目にとまります。

店舗への導線がわかりやすい店舗への導線がわかりやすい
MEOは地図と共に表示されるため、お客様が店舗に行きたいと思った際に非常に便利です。「今」店舗に行きたい、今すぐ客への有効的なアプローチになります。

WebサイトがなくてもGoogleマイビジネスに店舗情報を掲載できるサイトがなくても店舗PR可能
MEOはまずGoogleマイビジネスへの登録が必須となります。Googleマイビジネスに登録してしまえば、Webサイトを持たなくてもそこに店舗の情報を掲載することが可能です。

お客様が知りたい情報をまとめて掲載することができるお客様の欲しい情報をまとめて掲載
電話番号・店舗写真・口コミなど、お客様が店舗に行きたい!と思うための情報をまとめて掲載できます。あちこちページを探す必要がないため、ユーザービリティが高いです。

低コストで対策・費用対効果が高い
広告よりも低めのコストで対策ができ、コンバージョン率(お客様がアクションを起こしてくれた状態)も高いためコスパがいいです。

MEOによるメリットがこれだけあります。
増税によって、外食への足が遠のいてしまいそうな時こそ自店舗のPRが大切です。自店舗では増税に対してこういったサービスを提供しています、という点がお客様に伝わればより効果が期待できます。
Web集客やMEO対策を自分でできるか不安、といった方はコンサルタント会社に依頼するのもいいでしょう。

フォーカスタマーのMEO対策だとこんなメリットも!

集客でお悩みの方MEO対策を始めてみませんか?
集客対策としてMEOが有効である点を解説いたしました。
そしてフォーカスタマーでは、MEO対策を承っております。MEO対策を承っている会社は他にもございますが、フォーカスタマーのMEOは他社とは違うメリットをご紹介いたします。

フォーカスタマーはWeb集客に強い会社です。
MEO対策では、検索結果に上位表示されるようなキーワードを使用することが重要です。キーワード選定をする際、フォーカスタマーではお客様の要望に添いつつ、最適なキーワードの提案が可能です。
結果に応じた施策を行いますので、WEB広告初心者の方でも安心して当社にお任せしていただけます。

固定報酬型でコスパもよく、対策結果のレポートも毎月お届けいたします。わかりやすいレポートで、きちんと効果を確認できます。

また、初期費用の中にプロカメラマンの撮影が含まれております。
撮影の手間がかからないことと、綺麗なお写真でお店を魅力的にPRをすることが可能です。

集客対策だけでなく、諸々の手続きで忙しい部分もあるかと思います。
フォーカスタマーのMEOでは経営者様の手間をかけることなく、集客対策を行うことができます。
そしてMEO対策は「1エリア1店舗限定」です。ライバル店舗に先を越されないよう、早めの対策をご検討ください。
さらにフォーカスタマーのMEO対策について、詳細を知りたい方はこちらの記事をご覧ください。
他社にはない強み!フォーカスタマーのMEO対策

無料での相談から承っておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

Googleマイビジネスの編集でさらなる集客対策を

Googleマイビジネスの編集でさらなる集客対策を
MEO対策にはGoogleマイビジネスが必須と言うことと、様々な情報を掲載することが可能とお伝えしてきました。
具体的にどのように情報を掲載すると、集客アップにつながるかのポイントを解説いたします!

集客に効果的なGoogleマイビジネスの活用ポイント

あなたが飲食店を探していて、検索にヒットしたお店の情報をGoogleマイビジネスで見ているとしましょう。
その際、以下2つの掲載情報をみてどちらのお店に「行ってみようかな」という気持ちになりますか?

店舗A
【店舗A】
住所・電話番号・営業時間・マップ
店舗B
【店舗B】
住所・電話番号・営業時間・WebサイトのURL・店内外の写真・口コミ

 

おそらく、お店に行った時のイメージができる【店舗B】の方に興味がわくのではないでしょうか。
このように、お客様にとって役立つ情報をGoogleビジネス内で公開していくと、情報がきっかけで来店につながる可能性が高まるのです。

一歩先のGoogleマイビジネスの活用法

一歩先のGoogleマイビジネスの活用法

Googleマイビジネスでは、店舗側が一方的に情報を掲載するだけでなく、お客様側も質問や口コミを投稿できます。

口コミという第三者からの声は、お店選びをする上で大事な指標です
そこで、正しく口コミを管理してあなたの店舗のサービスイメージを、正確にお伝えするようにしましょう。

寄せられた口コミには、2通りの対応ができます。

  • 返信をする
  • 不適切な口コミとしてGoogleに報告する

お客様の口コミに対して返信する際、自店舗のサービスを盛り込むなどしてPRをすることも可能です
また、心当たりがないのに誹謗中傷の書き込みがあった際は報告し、Googleから認められれば削除ができます

お客様によっては、辛口コメントを掲載されることもあるでしょう。
ですが、むやみに不適切報告をせず、真摯に対応することも大切です。返信内容も、そのお店がどんなお店かを表す情報となります。丁寧な対応は、あなたのサービスの印象を良くしてくれる可能性もあるので、よく考えて返信するようにしましょう。

フォーカスタマーでは、Googleマイビジネスの内容のご相談も承っております。より詳しく知りたい方、コンサルティングを依頼したい方はご相談ください。

さらに集客対策をしてライバル店に差をつけたい方は…

不満解消キャンペーン
Web集客の対策方法は、MEOの他にもあります。
他の対策も行い、よりライバル店に差をつけたい方はぜひご覧ください。

Webサイトの不満を解消!SEOにも強いサイトで差をつける

Web集客をする上では、「SEO対策」も避けることはできません。
自店舗のWebサイトをお持ちの方は、SEO対策にも目を向けてみてください。
SEO対策を行うと、検索結果の上位に表示されるようになり、お客様の目により触れるようになります

また、上位表示されるということはユーザービリティの高いWebサイトになっているということです。お客様にとっても信頼できるものになるので、コンバージョンにつながる可能性にもなります。

SEO対策に関して詳しく知りたいという方は、こちらの記事をご覧ください。
「やった」と「やらない」では大違い! 最新SEO対策の押さえておきたいポイントを徹底解説

Web集客対策はフォーカスタマーにお任せください

Web集客対策はフォーカスタマーにお任せください
SEO対策に関してもお話しましたが、SEO対策も含めWeb集客に関してはフォーカスタマーにお任せください。
当社は数々のWebサイト制作および広告運用の実績がございます。
お客様のご要望をお伺いし、お客様にあったプランの提案をすることが可能です。

まだ間に合います!消費税のあおりを受ける前に、対策をしていきましょう。

現在、Webサイトの不満解消キャンペーンも実施しております。
無料で相談を承っておりますので、お気軽にご相談ください。

 

MEO対策はフォーカスタマーにお任せください
フォーカスタマーMEO 6つのメリット
  1. 医療業界に特化!薬機法はお任せを
  2. 的確なキーワードのご提案
  3. 固定報酬型で低コストから対策可能
  4. 対策結果をレポートで毎月お届けします
  5. 今なら無料!Web診断でMEO効果アップ
  6. プロカメラマンの撮影で魅力的にPR
集客でお悩みの方MEO対策を始めてみませんか?

「お店の客足が伸びない」と店舗集客にお悩みでしたら、フォーカスタマーがWebのプロ集団として集客をサポートいたします。医療業界以外のMEO対策も可能で、お客様にとって最適な集客プランをご用意

集客アップの実績が多数ございますので、安心して当社にご依頼ください。

 

おすすめの記事